>>子供乗せ自転車はこちら


前乗せ後ろ乗せのさせ方とポイント

以前、幼稚園のお友達ママから子供乗せ自転車について聞かれた時の話です。

「今度、子供乗せ自転車を買おうと思ってるんだけど、前に座席がある子供乗せ自転車は、何歳まで乗せていいと思う?」と聞かれました。

さらに友達は「4歳で前籠に乗せてるのって、私はあまり見たことがないしなぁ」と、私に話します。

きっと大半のママも気になっているところではないでしょうかね。

もう年齢が年齢なので、後ろに座席がある子供乗せ自転車か普通の自転車の後ろに子供用シートを後つけする・・。

といったことで考えるのはきけんなんじゃないかなぁって私は答えました。年齢が一緒でも体の大きさに個人差があるからです。

身長や体重などで前乗せがきつかったりしてきたら後ろ乗りへチェンジするように私はしました。

4歳なのに前乗りであったとしても、乗れてるならそれで良いですしね。

前乗せは子どもの様子や万が一眠ってしまったとき気がつけます
が、後ろのせはどのようになってるのか正直わかりません。

眠ってしまってたとして、頭がだらんとママの背中にくっついててくれてればまだ安心ですが・・・。

豪快にあご上へ向けて後ろにあたまがいってしまってたり、横へダランとしてグラングランと頭が揺れてたらとっても危険で怖いですよね。

お帽子と一緒でヘルメットを毎回必ず装着するとは限りません
し・・・。                    

私てきには、ねんねはしなくなった時期、体重身長で前後どちら乗せをするかで考えてます。

電動自転車で子連れも楽ちん

電動自転車とは、ペダルを踏み込む時の力をモーターの力で補助する自転車のことです。

ペダルを踏まなくてもモーターの力だけで走る自転車もあるようですね。

ペダルを踏まなくても走るフル電動自転車の方が楽なようにも思えますが、モーターだけの力で走る場合、法律的には原動機付自転車(原チャリ)になります。

ヘルメットの着用義務と、運転免許の所持義務が発生し、ナンバーも必要になってきます。

電動アシスト自転車は、あくまでも人力の補助でしかモーターの力は働かないので、もちろん免許などの必要はありません。

電動自転車のメリットは、何と言っても発進時や向かい風、坂道など、重いペダルを踏まなければならない時にモーターが手伝ってくれるとこです。

普通のママチャリで子供を乗せてたので、念願の電動自転車を購入してお初乗りの時は・・・・とってもペダルの軽さに感動モノでニヤっとしましたよ。

一度乗ってしまうと病みつきになってしまいますよ。

リスクとしては、充電が無くなった時ペダルが重くなりますので充電ランプは常に気にしてチェックして下さい。

充電を忘れさえしなければ、電動自転車は、ペダルを踏む力の弱い高齢者や女性にとっても、ありがたい乗り物だと思います。

一般の自転車のペダルの踏む力と電動自転車でのペダルの踏む力にさがありますので、電動自転車に買い換えた初期は軽くペダルを踏むようにしてくださいね。

イオンや無印などの自転車 

ドンキホーテや、イオンなど、激安セールで何台限り!と売り出していた、おしゃれとはいかない一般の自転車ですが子ども乗せの付いてる自転車を購入しました。

一般の子乗せ自転車は前輪が小さいので後ろに子供が乗ると前輪が浮き上がり危険だそうです。  

でも私は前かご自体が「子供乗せ」になっていたので、がにまたコギになりませんでした。私自身、がにまたで子供乗せるのは抵抗がありました。

とっても綺麗なママでおしゃれなお洋服を着ててもがにまたになって自転車をこいでるその姿を見ちゃったとき、残念に思ってしまったんです・・・・ 

私のように前に乗せるのであれば、タイヤが後ろより一回り小さいので、ふらつかないで安定しています。

また、子供を乗せる時に、前のハンドルを動かないようにロックできるようになてました。

ちょっとしたシートベルトもついてました。後づけは、バランスが悪かったりするようです。

ハンドルが曲がってしまったので、イオンの自転車屋さんでバランスを合わせてもらうことになりますが、子ども乗せが元から付いているのは、

子供を乗せる前提で作ってありますし重心をハンドルの真ん中に合わせてあってスタンドも頑丈です。

お子さんの体の成長で大きくなられたら、元付けの前乗りは前カゴとして荷物もおけますよ。

無印でもおしゃれなこのような自転車を扱っているようです。

なので子供乗せが元から付いてる、イオンや無印などの自転車を私はお勧めします。

最後に風防の購入もお忘れなく・・・。